クリーピー偽りの隣人

CM見ておもろそーだなーと思って見に行ってきました
香川さんだし間違いねえ!!的な。

えーと、おそらくモチーフとなっているのは
北九州監禁殺人事件とか尼崎事件なのかなという感じ
まあ尼崎事件はあんま知らんのだが。。。

前編はかなりいい感じだったのに後半の
特に野上が鉄の扉を開けた辺りから映画が変わったんじゃね?て感じ
なんで一般の民家に鉄の扉&変な部屋あんの??
それまでも何か色々変すぎて気になりすぎてのめりこめない

例えば、妻・康子。
引越しの挨拶に手作りの菓子を持っていく神経
嫌な相手だと認識して、もう関わるのはやめようって夫婦で話した
次の日に作りすぎて余ったシチューを持っていく神経
いやいやあのさーおかしいだろっていう
そもそも一家で暮らしてるはずの家におかずとか持ってくか?
奥さんいるのに???
犬が飛び掛って迷惑かけたのにあーどうもどうもみたいなリアクションとか
マジでこの人ちょっとおかしくない?って思ってしまう
でも階段で電話した後ヒステリックになるとことか演技よかった

んで、この康子がだんだん隣の男に洗脳されて死体の処理とか手伝いだすのだけど
その過程がまったくよくわからず注射されたらいうことすぐ聞いちゃう
その都合よすぎる薬はなんなんだよwwwwwって感じ
こういうのは巧みな話術とかで信用させて弱いところに
だんだん漬け込んでいくんじゃないの?

隣の男に「旦那さんと僕どっちが魅力的ですか?」と聞かれて
言葉を失うとかオイオイよしてくれよセニョリータってなもんで
300x.jpg nisijimahidetosi01kita-.jpeg
比べるまでもねーーーーだろ!!!
笑わしにきてんのか???
こんなん聞かれたら鼻水吹く自信があるわ

まあそういう感じで香川さん頭おかしい感じの演技はすごい上手いんだけど
なんえいうか、安心感?というか信用できそうなオーラが0で
なんでこんなやつに漬け込まれるのかまじで不明すぎた
精神的不安定さにつけこまれたのか?
康子のちょっと変なところのせいでこういう日常に潜む系の怖い話が
一種のファンタジーというか特殊な人の話っぽく感じてしまって
あんまり怖さを感じなかったんだよなあ

地味に一番怖いと思ったのは刑事を退職した現職大学教授が
田舎の中古の一戸建てであんなボロい家しか買えないってことです
金とか貯めてねーのかよ(;´Д`)
スポンサーサイト

レクイエム・フォー・ドリーム

2009年イギリスの雑誌で「落ち込む映画」ランキング
1位を獲得したというのを見まして鑑賞してみました

レクイエムフォードリーム

とりあえず、音楽がすごいセンスいいなーと思って
後カメラワークがいいです。おしゃれんこ(*´∀`)

ストーリーはというとテレビ依存の孤独な母親と
ドラッグ中毒の息子と親友、息子の彼女
この4人の転落が描かれています

特にですね、見ていて悲しくなってくる母親の演技
親を大切にしないと、と私は思いました(´・ω・`)

この映画はドラッグの怖さを伝えたいわけではなく
(まあ十分伝わってくる恐ろしさなんだけど)
中毒や依存というものの怖さを伝えたいそうだ
ドラックだけではなく、何かに依存しすぎると人は崩壊する
ということなんだと思う。

ちなみに後でwiki見て知ったけど
ヒロインがジェニファーコネリーだったw
ダリオ・アルジェントの「フェノミナ」しか知らなかったけど
なかなか色気のある女優さんになったなーと思った(*´∀`)

私はハッピーな映画が好きじゃなくて暗い映画好きなんだけど
それはなぜなのか、というと暗い映画の方が
見終わった後に考えさせられるからです
不幸を疑似体験することで、学んでいるのです(´・ω・`)

まあ私はあんま見た後引きずったりしない性格なのもあります
面白いのでオススメですよー

ロッジ

久々に、ああこれぞB級だ、と安心できる映画


まあ動画を見て分かるとおりだけど
男女10人でクッソ田舎に遊びに来たんだけど
ロッジには人がいた痕跡はあるものの
人も、動物も、虫も、生きてるものは何もない

そして10人も目を離した一瞬の隙に消えていく・・・
っていうお話です

まーなんしこういう話のお約束なんだが
なぜアメ公はパニックに乗じてセックスするのかっていう

モトカノ、モトカレなんだがお互い今付き合ってる人が
消えちゃったんだよね
お前らよくやる気になりますよねーと
危機的状況になると子孫を残したくなる本能ってやつでしょうか

しかも目を離したら消えるのにも関わらず
「彼女を寝かせてくる(キリッ)」とかいいつつ寝室に行く二人
いや、行く意味わかんねーーーーーよ、ここで寝ろよwwww
としか思えないし案の定事後に片方消えてるし
こいつらを送り出した仲間も
「絶対あいつらやってるよなー」って思うよな
ほんと頭おかしい

あともう2、3ツッコミ入れるところがあるので
ゼヒ見てほしいと思う。
B級ってのはこういうのだよね、これがいいんだよね
ツッコミどころのないB級なんてただの低予算でしかないし
最近の映画はB級通り越してもはや乾いた笑いもでないような
そんなんばっかりだから、これはちょうどよかったよ
しかも原因とかそういうのもすべてぶっ放しという
なかなかステキな作品だよ、これぞB級だwwwwww

アナベル 死霊館の人形

えーと、ついにレンタル開始されました
アナベル 死霊館の人形
以前見た死霊館の前日譚となるお話です

まあ人形に悪魔が取り付いたっていう
わりとオーソドックスな話なんですけど
人形系ホラーに定評のあるジェームズワンなので
面白いかなー?とワクワクしながら見たのですが



駄作



もうね、全然怖くないの
なにあの笑っちゃう悪魔のビジュアル
大体嫁が最初から最後まで鬼のように無能で腹が立つ
隣の家に異変があったのにわざわざ家を出ていく無能
旦那が捨てたはずの死んだ女が抱いてた人形を普通に飾る感性
悪魔が赤ちゃん狙ってるのになぜかちょいちょい目を離す無能
案の定、悪魔に取られて座り込んで泣き叫ぶだけの無能
あげく、知り合いのオバハンが身代わりになって死んだのに
赤ちゃん抱いて微笑みあう夫婦

頭、おかしいんですか?

怖いっていうかもうイライラしっぱなしでウゼェーー(#゚Д゚)
最後に死霊館につなげるためにお店でアナベル人形を
誕生日プレゼントとして買うシーンがあるんですが
あんな小汚い薄汚れた人形を誕生日プレゼントwwwww
どう考えても嫌がらせだろwwwwww
ぴったりだわ!とかもう感性がおかしいとしかいえない

とりあえずあんましオススメはできない作品でした

ミスティックリバー

レンタル80円だったからたまたま借りた映画が
傑作だった。
あると思います(゚Д゚)!!



あらすじ
ジミー、デイブ、ショーンの3人の少年たちが路上で遊んでいると
警官を装った男が現れデイブだけを連れ去り、監禁し暴行する。
それから25年後、ジミーの愛娘が殺害され刑事となったショーンが捜査することになり・・・・



もうね、役者さんの上手いこと上手いこと
娘を亡くした父親の演技に涙を禁じえません
物語は序盤から明らかに怪しいある人が容疑者として
話が進んでいきます
3人の中にある重く苦しい過去と現在がリンクしながら
捜査は進んでいき、そして、悲しい結末を迎える


ラストのデイブの息子の感じからして
自分を正当化してドヤってるあの一家も
いつか報いを受けそうな危うさを感じたし
(というか報いを受けろクソヤローって感じですがw)
とくにあの妻の自己正当化は反吐がでますね!
この映画で本当のハッピーエンドを迎えたのは
お互いに向き合うことができたショーン一家だけでした

でも、デイブの過去を思うと、
彼にも救いの手があればよかったのに
妻だけは彼のことを信じてあげていてほしかったのに
と思わずにはいられないです(´・ω・`)
検索フォーム
過去ブログ