スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リミット

気がついたら箱の中に閉じ込められていた

っという密室系のサスペンス映画です。





うーーーーーん、アイデアはよかったのかもしれないが・・・・
一言で言うなら

つっこみどころ多すぎ



とにかく最初から疑問点が目白押しで
なかなか物語りに集中できなかった
というかえ?なんで?なんで?ってことが
物語が進んでいくにつれ入れ替わり立ち代り
出てくる感じ
ライターつけっぱで酸素なくならないの?
ケータイ電池長持ちすぎない?
なんでヘビ出てきたwwww????
その後も、横に脱出しようとしないのはなぜ?
とかそんな感じ

ただ、箱の中に閉じ込められている息苦しさや
主人公のパニック具合なんかは緊張感あっていいなと思った
あと、認知症のお母さんに電話するところもなかなか泣ける

ラストはこうなるだろうなーと思ってたらやっぱそうなったかって感じ
どうせ夢オチするなら砂に全部埋まったタイミングで
すればよかったのに・・・

もうちょっと、面白くできたんじゃないかなあって思った(´・ω・`)
関連記事
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
過去ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。