127時間

こんなに痛い映画を私は見た事がない

アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン
ロッククライミングをしていたアーロンは落石事故に見舞われ
右腕を断崖に挟まれたまま身動きが取れなくなってしまう
助けを呼ぶ術もなく5日間が過ぎ、命も尽き果てようというとき
アーロンは自身にある決断を下す

というあらすじ

テンポよく軽快な音楽とオシャレな映像
アメリカの広大さに感動を抱く序盤から一転
事故からが非常に長く感じる、というか些か飽きる
そこから終盤のある決断をくだすシーン

このシーン、映画館で見てた人が気分が悪くなり
何人も病院へ運ばれたそうですが納得
かなりグロい映画をいくつも見てきた私でもキツかった
早送りは絶対しないという意地で見たけど
(何と戦っているのか)
音声は切ってしまった
正直、すこしえずいてしまった・・・・
数年前に摘出したてほやほやの腫瘍を
見せてもらったときよりずっとエグかったです・・・

かなりのグロ耐性が必要とされる映画だと思いました


しかし、面白かった。
主人公の、起こるべくして起こったというある1点については
私もそういうとこあるなーと思って非常に気をつけようと思いましたw
原作の本(ノンフィクション)は未読なのだけど
主人公が行方不明になってからの家族側の描写や
救出された後の描写があるそうですね
映画ではまったくなかったけれども
それも盛り込まれていたらよかったかなーと思います。

なんにせよ、なかなか面白い映画でした
関連記事
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
過去ブログ