スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺客

今日会社帰りにイオン行ったんです。
田舎のトレンドイオンへ・・・

12月に64歳で退職される方がいて
その選別を買いに行ったわけです
もうね、何を選んでよいやらという感じで
だって年齢違いすぎるし
プライベートなトークしたことないし

で!そうだ、お茶あげようと思って
冬だしね、寒いしね
紅茶とか緑茶とか茶葉の専門店行ったんです

店に入って5秒でまず試飲が出たね
ホカホカの湯気立ててね
こちら(置いてあるの)ぬるいので(新しいの)どうぞーって
ホカホカの出てきたよね
むしろ、そっちのぬるいのでよかったよね
そう、私は猫舌です

小さいコップに入ってるんだけど
もうあっついの
飲めねえの
飲めねえからその場から離れられねえの
普段なら1分で見終わるクリスマス特設コーナーを
5分くらいかけて眺めてるの
3回は見たPOPを再度読んでるの
なんの確認だよこれ

それでね、もうね、覚悟を決めてぐいっと行ったね
その後、5時間が経過しますが私の舌は依然ひりひりしています

店頭で私が漢を見せてようやく店内に入ることができて
色々見てたわけですけど
やっぱ紅茶より緑茶かなーとか思って
まあ私日本茶とか抹茶とか嫌いなんでよく分からないですけど
そしたらさ、またPOPしたよね

「こちらホニャララのお茶なんですが~」

もうなにこの永続トラップ!!!!
いつ闇のデュエルが始まったんだよ!!!!

とりあえず猫舌なのでいらぬとこちらの手の内を明かし
戦線離脱することに成功しました。
ほんとうに恐ろしい場所です

まあそのお姉さんに色々見繕ってもらって
無事購入することができたわけですが(*´∀`)
終わりよければすべてよしですね
関連記事
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
過去ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。