黒い家

貴志祐介の黒い家を買ったー

実は前々から映画は見たいと思ってたんだよね
寺島しのぶの怪演で有名なので

今結構暇だし、なんか映画でも見ようかなーと思って
いろいろ感想とかググってたらやっぱ原作のほうが面白いらしい
近所のTSUTAYAはつぶれちゃったし、仕方ないので本見るかと思ったら
作者、貴志祐介なんだね
悪の教典の人

てかよくぐぐったらISOLAとかもこの人じゃん
結構息の長い作家さんだということに驚いたわ
悪の教典の出来は正直えーって感じだったけど
あと昔、ありえすくんに青の炎がおもろいとおすすめしてもらって
買ったけどあれもあんまりイマイチだったんだよなー

まあそれはおいといて、結構古い本だしないかなあと思って本屋行ったら
普通の本屋なのに古書コーナーとかあってそこにあった
めっちゃラッキーや( ´∀` )

じわじわ読んでるよ
この人、導入部長くない?
たぶんこのだるさで青の炎投げたんだと思うわ私
基本は速読気味な私だけど
今妊娠してるからなのかあんまり集中力ない
あと、グロ描写が結構気分悪くなるからそんなに量読めない
胎教に悪いだろうか
でもようやく話が動き出して面白くなってきた感じ
子供産まれるまで読書しまくろうかなー

ネトゲは期待できなさそうすぎてやばいのです
関連記事
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
過去ブログ