スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

益田ミリさんの本

益田ミリさん、という作家が好きです。
とはいえ私が読むのはこの人のマンガばっかりですけど

51n3N3pDbKL_SL160_.jpg
この本、最近買いました。
私はこのゆるーっとした感じの絵と
時々ハッとさせられるような文章が好きなのです

人には
できないことがあってもいいんじゃないかな
できないことややりたくないこと
やろうとして失敗したこと
それらもまた
人となりをつくっている

できることばかりが「その人」そのものじゃないんだ

pp.101-102

こういう感じがすごく、好き。
私は、長い文章が書ける人よりも
短い文書で内容を的確に伝えられる人こそ
頭のいい人、才能のある人だと思っていて
この人はそっちの人なのです。

こういう考えの最たるものがタイトルで
タイトルをつけるのがうまい本は絶対に面白いと思っている
編集がつけるのもあるだろうから
はっきりとした指標にはならないのかもしれないけれど。
そして益田ミリさんは、タイトルはイマイチなんだけれどもw
関連記事
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
過去ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。