スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーンガール

公開終了ギリギリ?で見に行ってきましたー
監督がデヴィット・フィンチャーなんですね
なんだろーなんか聞いたことあるぞとずーと思ってたら
「セブン」の監督さんだったわけですね
どうりで聞いたことあるわけです

さて、このお話。あらすじは
幸福な夫婦生活を送っていたニックとエイミー
しかし、結婚5周年の記念日にエイミーが失踪し、自宅のキッチンから大量の血痕が発見される
警察はアリバイが不自然なニックに疑いをかけ捜査を進めるが
メディアが事件を取り上げたことで、ニックは全米から疑いの目を向けられることとなる


以下ネタバレあり
この映画カップルで感想が全然違うと評判のようですが
正直、女の方がマジキチすぎて、スッキリせず引いちゃう感じ
途中までは非常に感情移入できて
「復讐も当然だ!」みたいな気持ちになるけど
いくらなんでもやりすぎ

復讐を決意したある事柄、元の家に帰ろうと決めたテレビの彼の姿
この辺は非常に共感できたかな。
男ってのは大なり小なり手に入れると気を抜くもので
「付き合ったばっかりのときは○○だったのに!!」
みたいなことは多くの女性が味わったことがある経験と思う
そして、自分が愛情ゆえに彼に尽くすことを当たり前のように
受け取られ、それを理不尽に感じることも。
ただ、それを最終的に演技としてしまったのがよくなかったかな
というか、まあ演技なんだけど、行動原理は相手への愛情なんだよね
そこまで共感してたエイミーに共感できなくなったのが映画のラストだった
それでいいのかなー?みたいな

結局、エイミーがほしかったものは理想の家族、だとは思うのだが
それは上辺でよかったのか、それとも愛情をベースにしたものだったのか
エイミーがあまりにもキチガイっぽくて読み取れなかったんだよな
取材を受けてる彼の姿を食い入るように見てる姿は
愛情を感じるんだけど・・・・

あーしかし、どうでもいいけど、プロポーズのとことか
結婚して2年までがほんま素敵すぎてよかったなぁー(*´Д`*)
やっぱ、働かないと人はだめだね
小人閑居して不善をなす
じゃないけど、働いて得られるものはお金だけじゃないんだなあということと
話し合いって大事だよなあと思う映画でした

あ、あとセックスの相性だけで結婚したらいかんってこともw
関連記事
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
過去ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。